単語を学ぶ

教師

基礎力とは

英語の基礎力とはどのような能力のことを言うのでしょうか? 。現在、大学の入試試験の英語ではそのほとんどが長文読解問題になっています。つまり英語の長文を読んで、その意味を理解して、その設問に正解しなくてはいけないのです。しかし、いきなり英語の長文と大問題に昇進しても全く歯が立たないといったような事は誰もが経験して知っているかと思います。これは英語の長文読解問題を解くためには、英語の単語や文法英語の構文など、英語に関する様々な複合的な能力が必要になるからなのです。要するに英語の長文読解ができるようになるためには、 1つは英単語力と英熟語力、英文法力そして英語の解釈力が必要になるのです。また英作文ができるようになるためにも、これらの力が必要になってきます。"そして英語の文法や構文を勉強しようとしても知らない英単語だけではどうにもならないのです。つまり英単語力や英語の塾の力があってこそ文法力や英語の解釈力がつくというわけです。それではそれぞれの能力をある程度基本的なレベルまで上げることができるための勉強方法について説明します。まずは単語と熟語力の基礎を固めることが大切です。"英語のすべての基礎でもある単語や熟語。それは数も多く、毎日、そのような単語と英字を覚えるのは本当に億劫なことです。それでも大学の受験で英語の得点を取りたいのであれば、毎日コンスタントに英単語や英熟語を身に付けることをこなしていくしかないのです。このような英単語や時刻の基礎を固めるために必要なものとしては単語帳や熟語帳になります。これらを使うのは多分あなたが持っている単語帳や熟語帳で充分なのです。また英会話教室に通って、実際に学んだ英単語を使用してネイティブ講師とコミュニケーションをとるようにしましょう。実際に使った方が身に付きやすいです。
"