発音について

English

例えばsomeという単語は「サム」と読むのではなく「スム」とほとんどの場合は読まれるのです。またcanは「キャン」ではなく「クン」と聞こえるようなことがあるのです。また「Does he enjoy it?」といったような場合には、丁寧に発音したとすれば「ダズ・ヒー・インジョイ・イット?」多様な発音になりますが、カジュアルに英会話で発音されると「ダジンジョイッ?」といったような発想になるのです。の際に「he」は「ヒー」といったように英会話では読まれているはずだ!生に思い込んでいて、何度も音声を再生して繰り返し聞いたりしてもどのように頑張っても「ヒー」といったように聞こえるものではありません。このように英会話では発音が頻繁に変化するのです。よく言われるリエゾン夏はその代表でしょう。例えば「Give it a try!」などは、それぞれの単語がつながって「ギビダトライ」といったように聞こえるものです。この際「give」は「ギブ」言われると思いがちですが「ギビ」といったような発音になった瞬間に、初心者の人はその英会話が分からなくなってしまうわけです。このように、自分が知っている単語の読み方と実際の単語も読まれ方は違うといったようなことがほとんどなのです。英会話のリスニングに慣れていないと、このような発音が変化するということを知らないのです。英会話において単語ひとつひとつを聞き取ろうと意識してしまうのは、無意識のうちに単語の発音は変化していないはずという思い込みにとらわれているからなのです。英会話教室のネイティブ講師の発音をしっかり聞いて学習してみると良いです。